古今亭文菊 のチケット掲示板一覧

現在掲示板はございません🙇🏻‍♂️

古今亭文菊は、落語協会に所属し2002年に古今亭圓菊の下へと入門した落語家。2006年に二つ目、そして2012年に真打昇進を果たし現在の名となる。落語一番勝負若手落語家グランプリを獲得するなど高い実力を保持しており、落語ファンからも高い評価を獲得している。独演会やイベント出演などで実力をしっかりと発揮。観客を楽しませることを第一に考え、常に完成度の高い落語を披露している。2009年には新人演芸大賞を受賞。名のある賞レースでも実績を作り実力派の落語家としての階段を登る。自身の落語を収録したCDやDVDも発売。時にはナレーションとして活躍するなど落語に縛られない活動でも人気を獲得する。まだまだベテラン落語家への道のりは長いが、確実に力を付けつつある人物となった。

古今亭文菊の魅力とは


古今亭文菊は、学習院大学を卒業した翌年に落語家の門を叩き、以降落語家として精力的な活動をおこなっている人物である。2002年に師匠となる古今亭圓菊へと入門。数ヶ月後の翌2003年に菊六の名で本格的な活動を開始する。

落語との出会いは学生時代。しかしよくある落語研究会などではなく、学生生活の合間に見たテレビが始まりであった。当時、後に弟子入りを果たす古今亭圓菊の公演を目にし衝撃を受け、落語のことをほとんど知らないにもかかわらず自然と情景が浮かび上がったことを語っている。大学へと進むも就職のことははなから頭になく劇団へと参加する。しかしそこでも落語という単語が出てくるなど何かと落語に縁があり、その頃から本格的に落語の公演を見に行くなど落語に触れることが多くなっていった。そして大学卒業後に落語の門を叩くことになるが、弟子入りが始まってからは新米らしく厳しい時代を過ごしている。

以降は落語家として活動を重ね、みるみる実力を身につけていくと同時に落語界の各賞を受賞する実績も重ねる。2012年には「浅草芸能大賞新人賞」、2015年には「文化庁芸術祭優秀賞」と名のある賞を獲得。落語公演でも多くのファンを動員し幅広い世代から人気を獲得している。

関連掲示板