The Chemical Brothers (ケミカル・ブラザーズ) のチケット掲示板一覧

ケミカル・ブラザーズは、イギリスのテクノ・ミュージックユニット。大学で知り合ったトムとエドはチーム組み、DJとして活動し始める。当時は『ダスト・ブラザーズ』という名前だった。次第に名が売れ活躍の場を広げていくが、アメリカに同名のグループが存在することが判明、クレームを入れられたため『ケミカル・ブラザーズ』へと名前を変えた。ダンス・ミュージックとしては珍しく、多くの曲でグラミー賞を受賞している。アルバムにゲスト参加するアーティストも様々で、『オアシス』のノエル・ギャラガーや『ニュー・オーダー』のバーナード・サムナーなどがいる。

ケミカル・ブラザーズのライブの魅力を徹底解剖


今でこそ音楽ジャンルの一つとして「ビッグ・ビート」という言葉が定着しているが、それ以前は「ビッグ・ビート」は「ケミカル・ビーツ」と呼ばれていた。この呼称は『ケミカル・ブラザーズ』から来ており、『ケミカル・ブラザーズ』が生み出した音楽の影響力の強さを示している。その独特のブレイク・ビーツを使った音楽にロック、ヒップホップ、ラップなどを掛け合わせ、クラブ・ダンスシーンを唸らせる楽曲を提供し続けている。


ケミカル・ブラザーズは、直近では2012年に来日し、BIG BEACH FESTIVAL '12のヘッドライナーを務めている。2013年には出演しなかったが、今後も夏フェスに合わせた来日はかなり可能性が高い。日本での単独公演はそれほど回数を行っていない。その分、実現すればファンによるケミカル・ブラザーズのチケット争奪戦は免れないだろう。参加したければ早めに行動を起こしたほうがよさそうだ。

常に進化し続ける重鎮!ケミカル・ブラザーズを徹底解剖



何時の世も、その道の先駆者というのは常に斬新だ。The Chemical Brothersが存在しなければ、今日のダンス・ミュージックシーンの隆盛はあり得なかった。イングランドはマンチェスターのクラブDJであったトムとエドの二人組が創り出したビッグビートは、ダンス・ミュージックの主流にもなりつつある。そして未だ、先駆者The Chemical Brothersのライヴは先鋭的だ。誰も到達出来ない領域にまで入りかねない勢いだ。



巨大なアリーナであろうが、野外フェスティバルだろうが、映像とライティングを駆使したパフォーマンスを背に強力なビートを叩き出すThe Chemical Brothersのフォロワーは星の数に達した。DJブースは聖域であり、オーディエンスをトリップさせて簡単には正気に戻らせない。ロックとダンス・ミュージックの融合。The Chemical Brothersをリスペクトするミュージシャンとの競演など、数々の実験的試みは、全てライヴにて頂点を迎える。



ビッグビートを世界の主流に変えた今、デジタル・サイケデリック・ビートとでも表現したくなるまたしても斬新なサウンドを主軸に据えたThe Chemical Brothersの世界。こればかりは、チケットを手に入れてライヴを経験しないと理解出来ない。トリップするなら今だ。

関連掲示板