大倉忠義 のチケット掲示板一覧

現在掲示板はございません🙇🏻‍♂️

大倉忠義は、ジャニーズの人気アイドルグループ・関ジャニ∞のメンバーであり、歌手、タレント、俳優だ。関ジャニ∞として2004年9月「浪花いろは節」でCDデビュー。大倉はドラムを担当している。2006年12月にソロコンサートをおこなう。以降、関ジャニ∞メンバーとして活動をしながら、俳優業も積極的に活動している。2014年8月「24時間テレビ」のスペシャルドラマ「はなちゃんのみそ汁」で工安武信吾役や2014年7月に公開された映画「エイトレンジャー2」の大川良介役など、数々の作品に出演。2017年5月の舞台「蜘蛛女のキス」では主役のヴァレンティンを演じ注目された。幅広く活動する大倉忠義から今後も目が離せない。

大倉忠義の魅力とは


大倉忠義は、1997年ジャニーズ事務所のオーディションを受け練習生としてジャニーズ事務所に入り、ジャニーズJr.として活動を始める。2009年1月、ドラマ「必殺仕事人2009」にからくり屋の源太役で出演し、東山紀之、松岡昌宏、大倉忠義で結成した期間限定ユニットThe SHIGOTONINで主題歌「鏡花水月」をリリースした。

2013年、中村 航の恋愛小説を廣木隆一監督により映画化した、映画「100回泣くこと」で単独初主演を果たす。大倉が演じた主人公の藤井秀一は交通事故により恋人の沢村佳美(桐谷美玲)と付き合っていた4年前の記憶をなくしてしまう。その後の2人を描いた本格的なラブストーリーだ。大倉がこれを見事に演じきり、大いに注目を浴びた。

2017年5月の舞台「蜘蛛女のキス」は、1976年に出版されベストセラーになった作品。作家マヌエル・プイグ作の小説で、全編がモリーナとヴァレンティンという2人の対話で綴られている。政治犯として捕まった若き革命家ヴァレンティン役を大倉が、成年者に対する背徳行為で投獄された母親想いの中年モリーナ役を渡辺いっけいが演じ、ブエノスアイレスの刑務所の獄房の一室でストーリーが展開。演技力に評価の高い大倉がこの難しい舞台に挑みさらに進化した舞台だ。この舞台を始め、今後の大倉忠義の活躍に注目したい。

関連掲示板